ブログトップ

2012年 03月 15日 ( 1 )

ユウの病気。

昨年の震災後から、ユウの抜け毛が気になり始めました
最初は、地震のストレスや加齢のせいかなと軽く考えていたのです


今年、13歳の誕生日を迎えた時の写真がコチラ↓
目や鼻の周りの毛が抜けています

(2012年1月4日撮影)
d0179113_23515245.jpg


ちなみに昨年の写真がコチラ↓

(2011年1月4日撮影)
d0179113_23523413.jpg

毛量が全然違いますよね・・・



抜け毛に加え、多飲多尿&皮膚の黒ずみが酷くなった時の写真がコチラ↓

(2012年1月18日撮影)
d0179113_23542746.jpg


(2012年2月7日撮影)
d0179113_23545688.jpg

あの可愛いユウの顔ではありません・・・




主治医の診断結果は、クッシング症候群(犬副腎皮質機能亢進症)の疑いでした
※プードル、ヨーキー、ボストンテリア、ダックス、ポメラニアンに多い病気


クッシング症候群は、犬における最も重要な内分泌疾患の一つ
原因として最も多いのが、脳下垂体や副腎皮質に腫瘍がある事
もう一つは、副腎皮質ホルモン剤の長期大量投与によるものです

ユウの場合は、脳下垂体の異常が原因ではないかとのこと



クッシングの治療薬として、人体用医薬品が選択されてきましたが
有効成分トリロスタンが治療に有用であると報告されたことから
欧州や米国では、すでに動物用医薬品の承認を受け
アドレスタンを第一選択薬としているそうです

国内でも初めて、共立製薬からアドレスタンが発売されました
ユウも服用して2ヶ月経ちますが、今現在 多飲多尿がなくなり
皮膚の黒ずみも減ってきました
抜けてしまった所には、新しい毛が生えてきたのです~

(2012年3月15日撮影)
d0179113_01947.jpg

とても難しい病気ですが、勉強しつつ
治療に専念していきたいと思います


by yunaha_yunaha | 2012-03-15 23:47 | ユウ | Trackback | Comments(6)